未分類

UUUMと吉本が業務提携の理由は?株価やYouTuber芸人のギャラも調査!

「UUUM(ウーム)と吉本が業務提携の理由は?」「株価やYouTuber芸人のギャラはどうなるの?」など、UUUMと吉本が業務提携について気になる方も多いですよね。

UUUMと言えば、HIKAKINや、はじめしゃちょーなど、有名大物YouTuberが所属するYouTuberの大手事務所です。そして、吉本興業と言えばお笑い界の大手老舗事務所です。大手同士の業務提携とあって、とてもセンセーショナルなニュースになりました。

そこで、今回はUUUM(ウーム)と吉本が業務提携について事実や噂について徹底的に調査してみました。

既にYouTubeファンの方も、まさにこれからYouTubeが気になっている方も是非チェックしてくださいね。

UUUM(ウーム)と吉本が業務提携の理由は?

2020年4月28日、UUUM(ウーム)と吉本が資本業務提携をすることを発表しました。
ニュース発表によると、吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネルを共同で運営したり、UUUM所属のYouTuberクリエイターのテレビなどのマスメディア進出などで協業します。出資額は非公開です。

表向きの理由は上記でしょうが、やはりコロナの影響で資金繰りに困った、もしくは、これから困る状況にあるからでしょう。
経営者とした正しい判断だと思います。

おそらく、資金繰りに困窮していたのはUUUM側だと考えられます。
それは、ここ最近のYouTuberの大量脱退が原因です。UUUM(ウーム)は運営会社として、設備を整える代わりにYouTuberの収益の一部をもらうことで成り立っていた会社なので、大物になったYouTuberが出て行けば、それだけ売上は落ちてしまいます。

さらに、HIKAKINや、はじめしゃちょーなど、YouTuberもテレビ番組やCMにも主演するようになり、YouTuberとタレントの枠が曖昧になりつつありましたが、それは、逆のことも言えます。

吉本興業所属のキングコングの梶原は「カジサック」として、オリエンタルラジオの中田敦彦は、「中田敦彦のYouTube大学」でYouTuberとして発信をしています。

今後、芸能人が本格的にYouTubeに乗り出したら、UUUM(ウーム)は太刀打ちできないでしょう。

YouTubeで活躍している吉本の芸人の特徴としては、テレビ出演はゼロで、YouTubeへシフトした点です。
テレビでは、視聴率を取るため、CMのスポンサーの意向など、様々な規制や条件があるので、出演のオファーが来るタレントも大体決まってくると言います。

はっきり言うと「テレビ界から干された」と言うレッテルを貼られて、YouTubeで仕方なく活動を始めたという印象の方がどうしても強いです。

しかし、これはYouTubeを実際には見ていない人間の印象に過ぎません。
カジサック、中田敦彦のYouTubeチャンネルの登録者数や、動画再生を見れば、二人が成功していることが分かります。

▼2020年4月29日現在(ぶひチューバーTV調べ)
【カジサック KAJISAC】
・登録チャンネル者数:195万人
・再生回数:5億2403万8062回
・年収:3971万6568円

【中田敦彦YouTube大学】
・登録チャンネル者数:218万人
・再生回数:52億3389万6520回
・年収:1347万2439円

※比較対象として芸能人YouTuberを例に出しますが、以下の二人も成功している方々です。
でも、カジサックと中田敦彦と決定的に違うのは、今も現役でテレビでバリバリに出演していることです。
【ほんだのばいく】(本田翼)
・登録チャンネル者数:189万人
・再生回数:3382万4543回
・年収:256万3544円

【佐藤 健 / Satoh Takeru】
・登録チャンネル者数:181万人
・再生回数:1894万7226回
・年収:2728万4005円

二人とも自分のキャラクターや得意分野を生かしてうまく、YouTubeで成功しています。
これはただ単に、芸能人だから成功したわけではありません。他人からのアドバイスを素直に聞き、分析し、行動した結果です。

しかし、本田翼、佐藤健のような芸能人がYouTubeに参入をしたら、ジャンルは違っても動画を見る私たちの時間は限られているので、今まで見ていたYouTubeチャンネルを見なくなる可能性もあります。

UUUM(ウーム)は、日本でのYouTubeを牽引してきただけに、今後のYouTube界が熾烈な争いになることが容易に想像できたのでしょう。
その中で、大手芸能事務所との提携は、以前から狙っていたことだと考えられます。

YouTubeでの苦悩、分析、そして今後について、中田敦彦が、メンタリストのDaiGoと対談の中で話しています。
また、カジサックが中田敦彦とのコラボで成功までの挫折や苦悩があったことも語っています。

【DaiGo×中田敦彦】〜心理学でYouTubeヒットの法則を徹底分析!〜

【カジサックx中田敦彦①】〜ついにコラボ!初出しトーク連発!50万人突破記念!〜

【カジサックx中田敦彦②】〜成功までの苦悩を初告白&キングコング感動秘話!〜

UUUMと吉本が業務提携で株価への影響は?

UUUMの株価は、2020年4月に入ってから下降していました。
コロナの影響とも考えられますが、逆にYouTubeのコンテンツは「おうち時間」が増えるために増加すると見込まれていたので、他の要因があって下落したと思われます。

2020年4月28日、UUUM(ウーム)と吉本興業が資本業務提携をすることを発表し、株価は上昇に転じましたが、一時的なものと考えられます。
UUUM株価

HIKAKINの姿勢が低姿勢で、対等な感じがしないです。
今後は、UUUMが吉本に買収させるということはあり得る話ですが、吉本興業も先が見えない状況ではすぐに動くということはないでしょう。
おそらく、2年間はなさそうです。

UUUMと吉本が業務提携で吉本のYouTuber芸人のギャラはどうなる?

吉本興業のギャラが少ないことは、芸人たちがテレビで暴露していたので、吉本:芸人=9:1というのは、周知の事実でした。
初めは面白おかしくネタにされていたギャラ問題も、闇営業事件で自体は一変します。

「会社の体質が悪いから、こんな悪事をするように芸人を追い込んでしまった!」
「悪の根元は、吉本だ!」
「吉本興業は、ブラック企業だ!」

というのが、世の中の意見でした。
その他、芸人たちが色々ありましたが、働きかけがあり、現在ではだいぶ変わったと芸人たちが言っています。

中でも、「もりてつさんチャンネル」で、吉本興業所属のYouTuber数学教師タカタ先生が話している「YouTubeのギャラの吉本興業と芸人取り分は?」の内容が興味深いです。

元々、タカタ先生は、個人のアカウントでYouTubeアカウンを持っていましたが、吉本が「YouTubeは儲ける」と知ったために、会社名義のYouTubeアカウントを作らされて、全ての広告収入は一旦吉本に入る仕組みなっていると暴露しています。

さらに、カジサックや、中田敦彦の活躍や、会社との交渉で、今までYouTubeの広告収入は、吉本:芸人=7:3だったのが、吉本:芸人=3:7に変わったという「あくまでも噂だけどね」という話をしていました。

この話を聞くと、ますますカジサックや、中田敦彦の活躍が凄いことだし、二人とも筋を通して会社と交渉しているし、さらにそんな会社を二人とも辞めていないのが凄いと思いました。

若手芸人は、カジサックや、中田敦彦の行為を無駄にせず、YouTubeで頑張ったら稼げるということを知って欲しい。
UUUMとの業務提携でギャラが減ることはないですし、そして、YouTubeから人気が出れば、必ずテレビで取り上げられるので、めげずに頑張って欲しいです。

それと、雑談の中ではありますが、中田敦彦が相方の藤森慎吾は、どんなYouTube動画をアップすればいいのか、分析して説得している場面がありました。
これをヒントにして、自分がどういうジャンルでYouTubeをやって行けばいいのかを分析してみると思います。

UUUMと吉本が業務提携で、ますますYouTubeのコンテンツが楽しくなることを期待しています。