Vtuber

餅月ひまり中の人や顔バレも気になる!600万円広告費用の内訳や運営事務所も調査!

「餅月ひまりの中の人(前世)が気になる!」「600万円もした広告費用って何?」など餅月ひまりについて気になる方も多いですよね。

餅月ひまりと言えば、元々個人で活動していた所から「ゆにクリエイト」という事務所に所属し活動するVtuberです。
主に、ゲーム実況や歌ってみたの動画配信を行っています。
17歳ではありますが、幼く可愛らしい見た目とカワイイ声で人気を集めています。
歌声はいつもとは違い、大人のかっこいい声で歌われており、そのギャップも一つの魅力と言えるでしょう。
Youtubeでは、「ひまりチャンネル HIMARI channel」というチャンネル名で活動しています。

そこで、今回は餅月ひまりについての噂を徹底的に調査してみました。

既に餅月ひまりのファンの方も、まさにこれから餅月ひまりが気になっている方も是非チェックしてくださいね。

餅月ひまり中の人や顔バレも気になる!

餅月ひまりの中の人(前世)は調査しましたが、詳しいことは分かりませんでした。
また、中の人が不明な為、顔バレの方も残念ながらしていませんでした。

ネット上では、一部の方から同じくVtuberの「赤井はあと」の声に似ているとの声も上がっていました。
しかし、今のところ関係性もあまりなく、あくまで噂にしかなり得ません。

本人曰く、メイド喫茶やソフマップでバイトしていた経験もあるようで、もしかすると一般人の方の可能性もあります。

もし今後、特定が進みましたら更新いたします。

餅月ひまりが使った広告費用600万円の内訳を調査!

冒頭でお話した通り、餅月ひまりは個人で活動していた期間があります。
その時に、Youtubeの広告代に600万円を使っていました。
動画でも語っており、事実です。

広告代をランキング形式で発表されており、10位の約3万円からスタートしました。
2位では約100万円、1位では約200万円と圧倒的な金額に視聴者も驚愕しました。

ここまで多額になったのは、広告コンサルタントに相談したことが理由で「チャンネルが伸びれば、費用を回収できる」と言われました。
そこから「勿体ないから結果が出るまでやらなきゃ•••」という思考に陥り、ここまで費用が膨れ上がってしまいました。
自分の行いを懺悔すると共に良い人生経験になったようです。

餅月ひまりの運営事務所も気になる!

餅月ひまりは、2020年4月21日に「ゆにクリエイト」という事務所に所属しました。
事務所に所属した背景としましては、先ほど取り上げた広告費用での多額の出費も大きな要因でしょう。

 

ゆにクリエイトは、「新しい時代のコンテンツを創出するために」をモットーに制作を続ける会社です。
キャラクター映像制作に関しては、最新鋭のモーションキャプチャースタジオや動画編集スタジオなどを所有しており、コンテンツを全て自社内で制作可能です。

餅月ひまり中の人(前世)まとめ

残念ながら、餅月ひまりの中の人は特定できませんでした。
また顔バレについても、詳細は分かりませんでした。

広告費用に600万円も注ぎ込んだことは本当で、恥ずかしい過去として語られています。
しかし、決して無駄になっている訳ではありませんので、前向きに今後も頑張って欲しいです。

事務所に所属することは、動画のクオリティも高くなり露出も増え、ファンとしても喜ばしいことでした。

これからも、魅力溢れる可愛らしいキャラクター性でVtuber界を盛り上げて活動していって欲しいです。