Vtuber

ホロライブ任天堂問題まとめ!ゲーム動画は削除?今後の対応も調査!

「ホロライブの任天堂のゲーム著作権は大丈夫?」「既に許諾を取ったってホント?」など、任天堂のゲーム著作権問題に関して気になる方も多いですよね。

そこで、今回はホロライブと任天堂のゲーム著作権について気になる部分を徹底的に調査してみました。

ホロライブと任天堂のゲーム著作権が気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ホロライブの任天堂著作物利用問題まとめ!

まず、任天堂のゲームの著作権が話題になったのは、2020年6月1日に、ヒカキンなど大物YouTuberが所属するUUUMが、「任天堂の著作物の利用に関する、 吉本興業所属タレントのチャンネルを含む包括的許諾のお知らせ」を発表したことで話題になりました。

ニュースリリース

任天堂の著作物の利用に関する、 吉本興業所属タレントのチャンネルを含む包括的許諾のお知らせ

UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:鎌田 和樹、以下、UUUM)は、任天堂株式会社(以下、任天堂)の著作物の取り扱いに関して、従前より包括的許諾を受けておりますが、このたび、業務提携先である吉本興業株式会社(以下、吉本興業)に所属するタレントのYouTubeチャンネルを含め許諾を受けることにつき、任天堂と合意いたしましたので、お知らせいたします。本日、任天堂より 「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」(注)の更新が発表され、個人投稿者に加え、別途契約が締結された法人に所属する投稿者についても、同ガイドラインを遵守することにより、任天堂のゲーム著作物を利用したコンテンツ投稿を行うことが可能という旨、明示されることとなりました。(注) https://www.nintendo.co.jp/networkservice_guideline/index.html
 2020/6/1 追記箇所:Q9-A9当社は、2017年5月以降、マルチチャンネルネットワーク(MCN)として初めて、任天堂の著作物の取り扱いに関する包括的許諾を受けておりますが、今後も継続して法人としての許諾を受けるとともに、UUUMがサポートする吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネル(以下、吉本タレントのチャンネル)についても、許諾を受けることとなりました。なお、当社は、吉本タレントのチャンネルに関しても、UUUM専属クリエイター同様、ゲーム著作物に関するコンプライアンス研修や、コンテンツチェック等、管理体制の整備を早急に進めてまいります。UUUMは、「ゲーム実況」動画はコンテンツとして楽しめるだけでなく、ゲームの遊び方や楽しさを広く伝える上で重要な役割を担っていると考えております。今後もゲーム企業との関係を強化し、クリエイターとともに健全な「ゲーム実況」動画を創出していくことで、ゲーム市場の発展に貢献していきたいと考えております。UUUM株式会社 コーポレートサイト
https://www.uuum.co.jp/
UUUM クリエイターサイト
https://www.uuum.jp/

引用:UUUM>ニュースリリース>任天堂の著作物の利用に関する、 吉本興業所属タレントのチャンネルを含む包括的許諾のお知らせ

この内容を簡単に言うと、「YouTubeで任天堂のゲーム配信やってるけど、個人はいいけど、法人などの団体には、著作物を勝手に利用してるのは認めないからね!」と、言うことです。

おそらく、これはUUUM側が自主的にではなく、任天堂が以前から圧力と言うか、注意喚起をUUUMなどのYouTubeを運営する会社にしていたのではないかと考えられます。

そして、UUUMは、吉本興業と提携したことも大きく関わっていると思われます。

それは、宮迫事件です。

反社会的勢力と会合を持っていたとして、世間を賑わせたあの出来事です。
あれから、「コンプライアンス」「法令遵守」を徹底すると世間に発表したので、UUUMと提携した吉本興業が、「そういえば、YouTubeに流してる任天堂のゲームって大丈夫なの?」って、言う指摘が入って、UUUM側が気づいたのかもしれません。

結果的に、任天堂からも著作物に関して同日、「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を更新した旨の発表がありました。

ネットワークサービスにおける
任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

2018年11月29日


 任天堂は当社が創造するゲームやキャラクター、世界観に対して、お客様が真摯に情熱をもって向かい合っていただけることに感謝し、その体験が広く共有されることを応援したいと考えております。

 任天堂は、個人であるお客様が、任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショット(以下「任天堂のゲーム著作物」といいます)を利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張いたしません。ただし、その投稿に際しては、このガイドラインに従っていただく必要があります。あらかじめご了承ください。

  • 個人であるお客様は、任天堂のゲーム著作物を利用した動画や静止画等を、営利を目的としない場合に限り、投稿することができます。ただし、別途指定するシステムによるときは、投稿を収益化することができます。
  • お客様は、正式な発売日またはサービス開始日を迎えた任天堂のゲーム著作物を、投稿に利用することができます。正式な発売日またはサービス開始日を迎えていないものに関しては、任天堂が公式に公開した任天堂のゲーム著作物のみを投稿に利用することができます。
  • 投稿に任天堂以外の第三者が有する知的財産権が利用されている場合、このガイドラインとは別に、その知的財産権の権利者から許諾を得る必要があります。
  • 任天堂は、Nintendo Switchのキャプチャーボタン等の機能を利用する場合を除いて、お客様ご自身の創作性やコメントが含まれた動画や静止画が投稿されることを期待しております。お客様の創作性やコメントが含まれない投稿や任天堂のゲーム著作物のコピーに過ぎない投稿はご遠慮ください。
  • お客様が事実に反して、任天堂や任天堂の関係者から、協賛や提携を受けているようなことを示唆したり、誤信させたりしないでください。
  • 任天堂は、違法または不適切な投稿や公序良俗に反する投稿、このガイドラインに従わない投稿に対して、法的措置を講じる権利を保持しています。

任天堂は、このガイドラインおよびQ&Aに関する個別のお問い合わせにはお答えいたしません。ご了承ください。

このガイドラインおよびQ&Aは、随時更新されますので、投稿前に必ず最新のガイドラインおよびQ&Aをご確認いただきますようお願いいたします。

(中略)

Q9.法人が、任天堂のゲーム著作物を使った投稿をすることは、このガイドラインの対象ですか。

A9.このガイドラインは、個人であるお客様による任天堂のゲーム著作物の投稿を対象としています。法人等の団体による投稿や、投稿者が所属する団体の業務として行う投稿は、このガイドラインの対象ではありません。ただし、別途契約が締結された以下の法人に所属する投稿者は、所属する団体の業務として行う投稿であっても、個人であるお客様と同様に、このガイドラインに従って、任天堂のゲーム著作物を利用した投稿を行うことができます。(2020/6/1 追記)

  • UUUM株式会社(吉本興業所属を含む)
  • 株式会社ソニー・ミュージックマーケティング
  • 株式会社東京産業新聞社(ガジェット通信)
  • いちから株式会社

 

引用:任天堂>ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

そして、この中にVtuber業界では、大手と言われている「ホロライブ」を有する「カバー株式会社」は含まれていませんでした。

当初、カバー側は当初はVtuberは個人のため、該当しないと言う認識をしていました。

しかし、同じVtuber業界では大手の「にじさんじ」を有ゆる「いちから株式会社」は、任天堂と別途契約を締結した法人として発表されたので、さらにファンや関係者を困惑させる事態となってしまいました。

ホロライブは任天堂と戦うのか?

2020年6月1日から4日後の2020年6月5日に、ホロライブのカバー株式会社から、任天堂の著作物利用について、正式に発表がありました。

結果的には「無許諾」だったと言うことを認め、任天堂とも今後の対応について協議ができ、「収益化をOFF」にするだけで、動画は非公開にしなくていいと言う認識で合意に至ったと説明しています。

しかし、別途契約は締結はできなかったのですね。

おそらく、締結には法律が絡むことなので、時間がかかることなので、今後はおそらく、別途UUUMや、いちからと同様に法人として、別途契約を結ぶことになると思います。

カバー株式会社>弊社における無許諾配信の不手際のお詫びと今後の対応につきまして

最強軍団と言われる任天堂法務部!

「任天堂の法務部は最強軍団」と、有名で数々の裁判で勝訴を知っている人たちが、言うようになりました。

もし今回、ホロライブのカバー株式会社が任天堂と争ったところで、負けは決まっていました。

そこで、任天堂が勝訴した数々の裁判の例をご紹介します。

ドンキーコング裁判

1981年に任天堂が発売した「ドンキーコング」が、パクリだと言う因縁をつけられて裁判になりました。

因縁をつけて来たのは、映画「キングコング」を制作したユニバーサルでした。
1982年に、ユニバーサルからロイヤリティを求められて訴訟を起こされました。
ちなみに、「キングコング」は、1933年からアメリカで作られ始めた特撮映画でした。

アメリカの大手映画会社から訴えらてビビった任天堂は、争わずにユニバーサルに、ロイヤリティを払うつもりでした。

しかし、任天堂のアメリカの子会社のハワード・リンカーン弁護士が、「ドンキーコングとキングコングは違う動物だ」と反論し、争うことになりました。

結果、「キングコング」の著作権の保護期間は切れており、任天堂が勝訴し、「任天堂法務部最強伝説」が始まりました。

3DS裸眼立体視特許裁判

この裁判の発端は、2003年にまで遡ります。

まず、訴訟の相手となるのは、2002年に退職するまで30年間ソニーに在籍していた富田誠次郎氏です。
退職後、「トミタ・テクノロジーズ」という会社を作って、裸眼立体視技術についての特許を取得しています。

富田氏は、2003年に任天堂関係者と会い、当時特許出願中だった「3Dメガネを必要としない裸眼立体視」技術のデモンストレーションを行いました。
これに参加していた任天堂社員7人のうち4人が、その後、ニンテンドー3DSの開発に関わり、ニンテンドー3DSに「3Dメガネを必要としない裸眼立体視」が勝手に使われたと主張しました。

2003年、富田氏は、任天堂本社で裸眼立体視の仕組みを提供したところ、許可なくニンテンドー3DSに採用されたとして賠償金を請求しました。

2014年、ニューヨークの1審では任天堂側に対して賠償金29億円支払いを命じました。

しかし、2014年12月に任天堂側が控訴しました。

さらに、差し戻し審となった2016年4月の判決で、特許侵害がなかったものとして任天堂側が逆転勝訴しました。

やっぱり、任天堂法務部は最強という噂が広まります。

マリカー裁判

公道カート(ゴーカート)を提供する会社が「マリカー」という名前で会社名にし、商標登録もしていました。

さらに、問題になったのは、任天堂のキャラクターのコスチュームとセットで外国人旅行者に貸し出し、マリオカートと同じようにゴーカートのサービスを提供していました。

「マリカー」は、マリオカートの総称であるため、任天堂は2016年9月、特許庁に対して商標取り消しを求めました。

しかし、2017年1月に任天堂の異議申し立てが棄却されました。
納得いかない任天堂は、2017年2月に、不正競争防止法違反および著作権法違反として訴訟を起こしました。

結果、2018年9月に任天堂が勝訴し、マリカー側に1千万円の支払いが命じられました。

しかし、マリカー側(現:MARIモビリティ開発社に改称)は、2018年9月28日に知財高裁に控訴しました。

2020年1月29日、知的財産高等裁判所は、任天堂の訴えを認め、MARIモビリティ開発に対し5000万円の支払いを命じました。

やはり、任天堂法務部は最強でした。

ホロライブ任天堂問題まとめ!

ホロライブを運営するカバー株式会社は、任天堂の著作物を無承諾で利用していたことを認めました。

その後、YouTubeの広告配信をOFFにすることで、動画の削除はしなくていいと任天堂と合意が取れ、一段落が付きました。

もし、カバー株式会社が任天堂と争っても、任天堂法務部は最強なので、負けは確定していたことでしょう。

とりあえず、大事にならなくて良かったです。

カバー株式会社は、任天堂法務部とまでとは言いませんが、もう少し法律に詳しい方のバックアップが必要かもしれませんね。