Vtuber

サントリーVtuber燦鳥ノム中の人は社員?お笑いセンスや歌唱力も調査!

「サントリーVtuber燦鳥ノム中の人は誰?」「GLAYのTAKUROが楽曲提供した曲も気になる!」など、サントリーの公式Vtuberの燦鳥ノムについて気になる方も多いですよね。

燦鳥ノム(さんとりのむ)と言えば、「燦鳥ノム – SUNTORY NOMU -」というチャンネルで、ゲーム実況や歌ってみたなど、企業の公式Vtuberとは思えない活動をしているVtuberです。

そこで、燦鳥ノムの噂について徹底的に調査してみました。

既に燦鳥ノムのファンの方も、まさにこれから、燦鳥ノムが気になっている方も是非チェックしてくださいね。

サントリーVtuber燦鳥ノム中の人(前世)は社員?

燦鳥ノム中の人は、調べてみましたが、今のところ不明です。
ドワンゴのオリジナルIPブランド「IIV」(トゥー・ファイブ)の協力を受けており、「IIV」にはアメノセイが所属しているので、何かしらアメノセイ経由で情報がもれる可能性を期待しています。

「超人女子戦士 ガリベンガーV」というバイキングの小峠が、MCを務めるテレビ番組にも出演しているので、ある程度プロなのかなと推測しています。
テレビの世界は、YouTubeとは違う世界なので、ある程度慣れている人でないと、前世バレとか、スキャンダルとか起こったら放送中止などに追い込まれることがあるからです。

歌唱力もあるので、歌って踊れる声優さん、もしくは、めちゃくちゃエンターテナーなサントリーの広報部社員かなと予想しています。

サントリーVtuber燦鳥ノムの歌唱力も気になる!

燦鳥ノムは、歌唱力にも定評があり、GLAYのTAKUROが楽曲提供をしました。
有名人も歌唱力や知名度がないと、楽曲提供は中々しないので、GLAYのTAKUROが認めた歌唱力と言っても過言ではないでしょう。

▼僕たちはまだ世界を知らない/燦鳥ノム【オリジナル曲】

楽曲提供が、GLAYのTAKUROってだけでなく、ギターは、GLAYのHISASHI、ベースは亀田誠治という豪華布陣です。
Vtuberでここまでの待遇を受けた方って、今までにいましたっけ?燦鳥ノムへの期待がある証拠だと言えます。

TAKURO(GLAY)作詞・作曲・編曲
KEN KAWAMURA(Pf.Key.)編曲
TOSHI NAGAI(Dr.)
SEIJI KAMEDA(Ba.)
HISASHI(Gt.)
TAKURO(Gt.)

Junko Fukuda(choir)
Sachiko Tokunaga(choir)
Yasuko Okano (choir)
Chikako Nagao (choir)

サントリーVtuber燦鳥ノムのお笑いセンスも気になる!

前述しましたが、燦鳥ノムは「超人女子戦士 ガリベンガーV」という番組に出演の際、マニアックなお笑い芸人さんを知っていることを暴露しています。
また、中々通うことのないお笑いのライブハウスにも通っていることを明かしています。

▼あなたの○○を下さい!「特別先行公開」【ガリベンガーⅤ】

ギャグが大好きで披露させてください「私のギャグを見逃すなんて、どうかしてるぜー」と、ギャグを披露します。

実は、このギャグは、ブラックマヨネーズの吉田からもらったギャグだったんですが、小峠からは「ただの言霊ですね。」と、言われる始末。

その後に、「ブラックマヨネーズの吉田からもらったギャグ」と言うことを小峠に伝えるのですが、「そう言えば、どっかで聞いたな」と返す程度でした。

ブラマヨの吉田のギャグは大したことなかったと言うことが、判明してしまった瞬間でもありました。

サントリーVtuber燦鳥ノム中の人が気になる!お笑いセンスや歌唱力も調査まとめ

サントリーVtuber燦鳥ノム中の人(前世)は不明。
歌唱力にも定評があり、GLAYのTAKUROkから楽曲提供も受けるほどの実力です。
お笑いセンスもあります。