Vtuber

ラトナプティ中の人は引退Vtuber!バンの原因や炎上についても調査!

「ラトナ・プティの中の人は?」「ラトナ・プティのアカウント削除についても気になる!」など、ラトナ・プティについて気になる方も多いですよね。

ラトナ・プティと言えば、「ラトナ・プティ -Ratna Petit -にじさんじ所属」というYouTubeチャンネルで、ゲーム実況やASMRなどの動画を配信しているゲーム実況系Vtuberです。

そこで、ラトナ・プティについての噂を徹底的に調査してみました。

既にラトナ・プティのファンの方も、まさにこれからラトナ・プティが気になっている方も是非チェックしてくださいね。

ラトナプティ中の人は結城オトと特定!

ラトナ・プティはFPSが得意で、ARKなどのゲーム実況動画をよく配信しています。
にじさんじに所属しているメンバーと、数多くコラボもしているため、ご存知の方も多いかと思います。

今回は、ラトナ・プティの中の人はどのような人物なのか、調査しました。

調査したところ、ラトナ・プティの中の人は、元々Vtuberとして活動していた「結城オト」だという情報が見つかりました。

結城オトだと言われている理由については、やはり声が似ている点と、ラトナ・プティとしての活動を始めた時期と、結城オトの引退時期が被っている点や、趣味が一致している点が挙げられます。

実際にTwitterでも、ラトナ・プティの中の人は結城オトではないかと、言われているようです。

やはり声が似ていると言われています。

本人が公表しているわけではありませんが、ラトナ・プティの中の人は結城オトで間違いないかと、思います。

ラトナプティのアカウント削除は誤BANが原因?

ゲーム実況動画やASMRなど、様々な動画を投稿していた、ラトナ・プティですが、現在YouTubeアカウントは削除されているようです。

一体なぜ、アカウントが削除されてしまったのか、調査しました。

調査したところ、アカウントが削除されてしまった正確な理由については、分かりませんでした。

ですが、アカウントが削除されてしまった理由として考えられるのは、最近YouTube上で誤ってアカウントが削除されてしまうという報告が多いため、ラトナ・プティも被害に遭ってしまった可能性があります。

Twitterでも、ラトナ・プティのYouTubeアカウントが削除されてしまったことに関して、悲しみの声が上がっています。

よく見ていたアカウントが、突然削除されてしまうのは、とても悲しいかと思います。

現状について、運営側から報告がありました。

そして、ラトナ・プティ本人からも前向きなコメントが寄せられました。

そして、2020年5月12日にアカウントが復活し、メインチャンネルに戻って来ました。
やっぱり、原因は、YouTubeの誤BANだったようです。

▼【APEX】ただいま、あと新マップでたらしい!【ラトナ・プティ/にじさんじ】

▼【#プティ新衣装】新衣装お披露目!似合ってるかなあ😳【ラトナ・プティ/にじさんじ】
https://youtu.be/CtptP9VbMAQ

しかし、新衣装がまたセクシー過ぎて、YouTubeにアカウントを停止されるのではないかと心配の声も上がっています。

ラトナプティの炎上についても調査!

ラトナ・プティについて調査していくと、炎上というワードがという表示されます。
ラトナ・プティは、炎上していたのか詳しく調査しました。

調査したところ、炎上はしていないようですが、コラボ動画内で北方領土などの政治に関する話をした際に、問題発言として扱われてしまったようです。

YouTubeに限らず、政治などに関する話題はタブーとされているので、冗談だとしても話題に出さないほうが良いです。

ラトナプティのプロフィール・絵師・ファンマークまとめ

ラトナ・プティ
らとな・ぷてぃ/Ratna Petit
まだ見ぬ大地を求めて、各地をさまよう冒険家。
冒険の途中、ひょんなことからこちらの世界に飛ばされてしまう。

見たことないもので溢れているこの世界を気に入っている。一応、言葉は通じる。

イラストレーター(絵師):西ノ田 @nishinoda
3D絵師:なし
ファンマーク(推し絵文字/推しマーク):🐻💎
ファンネーム:#ぷぅふれんず
ファンアートタグ(利用可能):#ラトアート
ファンアートタグ(利用不可):#秘境の景色
配信タグ:#ラトプテ
Twitter:ラトナ・プティ🐻💎11時24時配信《にじさんじ所属》 @ratna_petit

ラトナプティ中の人(前世)やBAN原因まとめ

ラトナ・プティの中の人は、結城オトだということが判明しました。
アカウントも誤BANから復活し、新衣装もお披露目しています。

しかし、新衣装がセクシー過ぎて、今度は本気のBANをくらってしまうのではないかと心配の声も上がっています。

今後の活躍にも注目したいですね。