歌い手

歌い手Souの本名や顔バレが気になる!原曲キーや歌唱力についても調査!

「歌い手Souの本名や顔バレが気になる!」「歌い手Souが歌っているキーが知りたい!」など、歌い手Souについて気になる人も多いですよね。

歌い手Souと言えば、「Sou」というYouTubeチャンネルで、歌ってみたの動画などを配信していて、感情のこもった優しい歌い方やカワイイ感じの声が魅力的な歌い手です。

そこで、歌い手Souについての噂を徹底的に調査してみました。

既に、歌い手Souのファン方も、まさにこれから、歌い手Souが気になっている方も是非チェックしてくださいね。

歌い手Souの本名や顔バレが気になる!

歌い手Souの本名は、「椎名そう」です。

当時子供の名前に付ける人気だった漢字では「椎名湊」「椎名蒼」だと思われますが、Eve×Souとして発売したコラボレーションアルバムの名前が、「蒼」だったので「椎名蒼」が濃厚です。

2015年3月19日、Souは同じく歌い手の「くろくも」からの質問に対し、Sou本人が「俺の本名椎名だよ」と、Twitterで回答したことで発覚しました。

元々、「Sou」は本名からと語っていたので、名前は「ソウ」です。

現時点では、該当のTwitterは削除されていますが、歌い手の「くろくも」の回答に対する反応のTwitterは残っていました。

歌い手Souは、過去に顔バレしています。
まだ幼い少年ぽさが残りますね。

自身でも徐々に顔バレにも抵抗がなくなってきたのか、ギリギリな感じの写真をTwitterにアップしています。

 

歌い手Souが歌う曲の原曲キーは?

歌い手Souが歌っている原曲が、元々キーが不明な物があり必ずそうかとは言えないですが、だいたい+3〜+4の高音で歌っています。
中学生の頃から、歌ってみた動画を投稿していましたので、声変わりする前から高音が出やすい状態だったのでしょう。


↑Sou / Utopia(初回限定盤/CD+DVD) (初回仕様) 2,034円(税込)+送料
発売日:2020年8月19日

歌い手Souの歌唱力についても調査!

2019年8月19日、東京・品川ステラボールでワンマンツアー「Sou 2019 Summer Tour 深層から見た景色」のツアーファイナル公演の際、6年間続いた音楽活動についてしみじみ語っている場面があります。

好きな音楽性とか色々変わったことはあるけど、1つ変わらない事は、それは音楽好きだということは変わらずに出来た。これからも一生音楽を続けていくと思うので見届けて下さい

歌唱力がなければ、好きでもなかなか続けられないと思います。
また、2019年からはユニバーサルミュージックという大手レコード会社とも契約を結んでいることから、歌唱力は音楽業界でも認められたと過言ではないでしょう。

まだまだ若いので、これからどんな成長を成し遂げて行くのか楽しみです。

歌い手Souまとめ

歌い手Souの本名は、「椎名蒼(しいなそう)」が濃厚で、過去に顔バレしています。

歌い手Souが歌っている曲自体の原曲のキーが不明のため、一概に判断はできないが、原曲キーの+3〜+4で歌っていることが多いです。

ユニバーサルミュージックという大手レコード会社とも契約を結んでいることから、歌唱力は音楽業界でも認められたと過言ではないでしょう。

歌い手Souのプロフィール
本名:椎名そう (漢字表記はおそらく、椎名蒼)
生年月日:1998年8月19日
出身地:東京都

2013年10月の中学生の頃から、ニコニコ動画で歌い手としての活動を開始し、2015年12月、1stアルバム「水奏レグルス」でメジャーデビューを果たしています。
2019年3月、自身で作詞作曲をした「愚者のパレード」を発表し、2019年5月には、マイナビBLITZ赤坂にて初のワンマンライブ「Salir」を開催するほどの実力のある歌い手です。

今後の活躍が楽しみです。