歌い手

歌い手Aqu3ra(アクエラ)の顔や年齢が気になる!本名や経歴も調査!

「歌い手Aqu3ra(アクエラ)の顔画像を見たい!」「Aqu3ra(アクエラ)の年齢は?」など、qu3ra(アクエラ)について気になる方も多いですよね。

Aqu3ra(アクエラ)と言えば、ニコニコ動画はYoutubeでボカロPとして活躍していましたが、満を持して自分でのセルフカバーで自身もシンガーとして活動を始めた注目のシンガーです。

そこで、Aqu3ra(アクエラ)についての噂を徹底的に調査してみました。

既にAqu3ra(アクエラ)のファンの方も、まさにこれからAqu3ra(アクエラ)が気になっている方も是非チェックしてくださいね。

歌い手Aqu3ra(アクエラ)の顔や年齢が気になる!

Aqu3ra(アクエラ)は、意外かもしれませんがあっさり顔出しをしています。しかも洋楽のカバーを歌っています。雰囲気や英語の歌を歌うとイメージからONE OK ROCKのTakaさんに似ているなと思います。

そして、英語の発音がめちゃめちゃいい!帰国子女なのかな?

年齢については調べましたが、綴りは少し違いますが、「Aquera(アクエラ)」という全く読みが同じで、顔も何となく似ている人も見つけました。同一人物なのでしょうか。

経歴を調べたところ、10代の頃よりPunk、Nu-Metal系バンドで活動を開始し、その後、バックパッカーとして放浪、海外のクラブミュージックに影響を受けBass Musicに傾倒するとあり、英語の発音が良い可能性が高いです。

この点は、Aqu3ra(アクエラ)と共通しています。それから名前、外見も似ていることから、Aqu3ra(アクエラ)=Aquera(アクエラ)と見て間違いはなさそうです。

年齢は、2020年で32歳ですね。

1988年生まれ。

10代の頃よりPunk、Nu-Metal系バンドで活動を開始。その後、バックパッカーとして放浪、海外のクラブミュージックに影響を受けBass Musicに傾倒する。

2015年にDigz, Inc. Groupが運営するクリエイター育成プロジェクト「Digz Top Liner Program」内で制作された楽曲が見事コンペを通過しリリースされたことを機に、作家活動を開始。Electro、Rockを軸としたトラックメイク、トップラインを得意としている。

引用:株式会社ディグズグループ>Aquera

歌い手Aqu3ra(アクエラ)の本名や経歴も調査!

Aqu3ra(アクエラ)の本名については、調査しましたが、有力な情報はありませんでした。

経歴については、上記のAquera(アクエラ)と断定するならば、2015年にDigz, Inc. Groupが運営するクリエイター育成プロジェクト「Digz Top Liner Program」内で作成された楽曲がコンペに通過し、作家活動を開始したことになります。

過去に作成した動画も見つけましたので、是非聴き比べてみてください。

▼CODE-V「DANCIN’ CIRCLE」
Aquera : Lyric

 

▼100% 「28℃」
Stay with me”
Aquera : Vocal Produce

 

▼FTISLAND アルバム「PLANET BONDS」の「Hold the moon」
Aquera : Japanese translation

Apu3ra(あぷえら)は、Aqu3ra(アクエラ)のパクり?

Aqu3ra(アクエラ)と非常によく似た「Apu3ra(あぷえら)」というTwitterのアカウントがあります。

Twitter上では、「あくえら潰す」と怖い事を言っていたり、Aqu3ra(アクエラ)も「Apu3ra(あぷえら)に改名するという悪い夢を見た」とか、「コメントとかでapu3raて間違いが多くて、もうホントにアプエラさん怒ってます」とか、言っていたり、二人の中で炎上騒動?が起こっているようにも見えます。

これは、お察しの通りAqu3ra(アクエラ)が、「Apu3ra(あぷえら)」という別名義で、別のテイストでの活動を行っている自作自演の演出でした。

「Apu3ra(あぷえら)」別名義でも、チョコレートミルクという曲を発表しています。

 

Aqu3ra(アクエラ)がニコニコ動画殿堂入り!

Aqu3ra(アクエラ)は、ボカロPとしてニコニコ動画に殿堂入りしました。ニコニコ動画の殿堂入りの基準は、「10万回以上再生」と分かりやすい指標になっています。それだけ、みんなから応援されているし、聴かれた曲という曲ですね。

Aqu3ra(アクエラ)の今後の活動が気になる!

Aqu3ra(アクエラ)は、ボカロPとしてだけでなく、自身でセルフカバーして歌い手としても活動を始めています。缶缶とのコラボ作品も発表し、今後はシンガーソングライターとして活躍の幅を広げてくれるでしょう。

コラボ作品では、どんな化学反応を起こしてくれるのか今後も楽しみです。