健康系YouTuber

ケビンYouTubeチャンネル閉鎖!DV被害の嫁の顔や疑惑も調査!

「料理研究家兼・筋トレ系YouTuberケビンのDV疑惑が気になる!」「ケビンの奥さんが告発って本当?」など、ケビンについて気になる方も多いですよね。

ケビンと言えば、「Kevin MuscleBridg」と言うチャンネルで、わかりやすい筋トレ解説が好評を得ていたYouTuberです。

そこで、ケビンについての噂を徹底的に調査してみました。

既にケビンの方も、ただケビンが気になっている方も是非チェックしてくださいね。

筋トレ系YouTuberケビンがチャンネル閉鎖!

2020年5月5日時点で、既にケビンのYouTubeチャンネル「Kevin MuscleBridg」は、閉鎖されています。
さらに、インスタグラムのアカウントも削除されています。

その原因と考えられるのが、ケビンが奥さんへDV疑惑です。

まだ、疑惑の段階ではありますが、何もなければ、わざわざチャンネルまで削除することはなかったと思いますが、炎上するのを避けたと考えられます。
なぜ、DV疑惑が発覚したのかも調査してみました。

筋トレ系YouTuberケビンにDV疑惑が浮上した理由は?

まず、DV疑惑が浮上する前から、おかしな動きがあったので、その事も記載しておきたいです。

2020年4月27日、ケビンはTwitterに意味深な事をつぶやきました。

しばらくSNSから離れていて 久しぶりに戻ってくると まるで浦島太郎にでもなったような気分だ まるで別世界に来ているような奇妙な感覚 この世界では生きていけないと死を選ぶか この世界でやっていくと覚悟を決めて生きる事を選ぶか

 

失われた時間は大きいけど 今は一歩踏み出せた事に拍手

 

2020年4月28日、ケビンはまた、Twitterに意味深な事をつぶやきました。

こんな嘘っぱちのカッコつけた投稿は出来るのに逮捕の事実も隠して、私に謝罪のラインも出来ないで腐ってること隠し続けられると勘違いしてる本当に終わってる人間だね

上記のつぶやきは、自身のTweetに対し自ら返信をするセルフリプライの形で投稿されました。
内容を考えると、「私」という人物がケビンのTwitterアカウントを乗っ取り、つぶやいたと考えられます。

内容からすると「私」とは、ケビンの妻であると推測することができます。

そして、衝撃的な内容だったのは、目の周りが赤黒く腫れ、顎のあたりまで青アザがある女性の自撮り写真が二枚添付されていたことでした。
既に、該当のTweetも削除されており、実物を確認することができません。

筋トレ系を売りにしているケビンにとっては、その筋肉を凶器として使い、奥さんを殴ったということになれば、今後の活動は困難になるでしょう。
仲のいい夫婦と思っていただけに、これが事実だとすれば、衝撃です。

一連の流れを整理すると、ケビンの奥さんがDVの告発をしたのではと、簡単に察しがつくでしょう。
しかも、ケビンはDVによって警察に逮捕された過去があるということも明らかになりました。

被害を受けたケビンの奥さんの顔も気になる!

ケビンのTwitterのアカウントは、削除されておらず残ってます。
そして、奥さんとのツーショットも残されています。

仲が良さような雰囲気です。この何ヶ月かの間に急にこじれるものでしょうか。

ケビン嫁へのDV疑惑も調査!

確かにTwitterの内容を普通に読むと、DVの相手は奥さんだろうと推測ができます。
しかし、そんな単純なものだろうかと、私はさらに想像を膨らませてみました。

疑問に思った点は3つです。
1.なぜ、Twitterのアカウントだけは、生きているのか
2.なぜ、奥さんはTwitterの写真は削除しないのか
3.なぜ、LINEでの謝罪なのか

という点です。

3つの点を考えると、DVの相手は奥さんではなく、別の女性へ対するものだったのではないかという仮説が生まれました。
例えば、不倫相手です。

不倫相手に手を挙げてしまった。暴力沙汰で逮捕されるということだけでなく、不倫ということも暴露させる。
Twitterに暴露したのは、そもそも奥さんではないので、奥さんとのツーショットの写真も削除しない。

奥さんとの仲は良好なので、ケビン自身奥さんの写真を削除する必要はない。
不倫相手とは、自粛期間中で会えないので、LINEでしか謝罪をするしかない。

イメージを悪くした代償は大きく「この世界では生きていけないと死を選ぶか この世界でやっていくと覚悟を決めて生きる事を選ぶか」というつぶやきに繋がる。

しかし、「死を選ぶ」という、危険な言葉を使っているのでケビンの安否が心配です。
ケビンには、きちんと当事者には謝罪し、罪を償って人生やり直して欲しいです。また、時間がかかってもいいので、ファンにも一連の出来事について説明して欲しいです。