チャレンジ系YouTuber

奏太の性別が気になる!英翔からのDV被害や年収についても調査!

「奏太の性別が気になる!」「奏太は、元相方の英翔からDVを受けていたってホント?」など、奏太について気になる方も多いですよね。

奏太と言えば、「かなたいむ。」というYouTubeチャンネルで、「食べてみた」「作ってみた」動画などを配信しているチャレンジ系YouTuberです。

そこで、奏太についての噂を徹底的に調査してみました。

既に奏太のファンの方も、まさにこれから奏太が気になっている方も、ぜひチェックしてくださいね。

奏太の性別は?

奏太は、女性の身体と男性の心で生まれました。性別適合手術を受け、現在の戸籍は男性です。

幼少期は性別を気にしていなかったものの、女の子らしい服が嫌だった奏太。自身が女性であることを徐々に認識し、性別の違和感へと繋がっていきました。

「女性として生きていけるだろうか?」と悩み続け、大学卒業の頃に戸籍を変えることを決意します。

その後、日本で胸の手術、タイでも性別適合手術を受けました。身体も男性になり、戸籍や名前を変更。

奏太の現在の本名は、木本 奏太(きもと かなた)です。戸籍変更前の名前は、木本 果奈(きもと かな)。「親からもらった名前を残したい」との想いから、「かな」の読み方をそのまま使える名前にしました。

奏太の恋愛対象は女性。3人の女性と付き合った経験がありますが、戸籍変更後は一人も彼女がいません。

元相方の英翔からDVを受けていたってホント?

奏太は、以前はYouTubeチャンネル「キットチャンネル」で、元相方の英翔とふたりで活動していました。英翔も、女性から男性に戸籍変更しています。

同居していた奏太と英翔は、動画上はとても仲が良く見えていました。しかし、2020年1月31日に「奏太がいなくなりました」という動画が投稿され、大きな話題に。

「(英翔が)外出している間に、『もう限界です』との手紙を置いて奏太がいなくなっていた」「連絡が取れない」などと説明し、英翔は奏太が出て行った理由についてはわからない様子でした。

2日後に奏太が新チャンネルで動画を投稿し「置き手紙には、家を出た理由や素直な気持ちを書いた」「『奏太がいなくなりました』という動画の内容は、事実とは異なる部分がある」と語っています。

その後、2020年3月17日、英翔が奏太への傷害罪で逮捕されたと報道がありました。この事件で、奏太は全治2週間の怪我を負っています。

デイリー新潮の報道によると、以下のような行為がありました。

・奏太が行った動画編集をチェックする際に、怒鳴る。
・「お前はなにもできない」など、奏太の人格を否定する。
・奏太のスマホをチェックする。
・英翔が「キットチャンネル」の収入を管理し、奏太にはお小遣い程度しか渡さない。
・奏太の編集部屋に、監視カメラをつける。
・玄関のドアを開けると、英翔のスマホに通知がいくように設定する。
・奏太に暴力をふるう。

報道後、奏太と英翔は、事件の詳細については語っていません。奏太は2020年3月23日から、一人でのYouTube活動を始めています。

英翔は、2020年6月24日に、自身のYouTubeチャンネル「エラズキッチン/8チャンネル」で謝罪動画を投稿。「相手の胸ぐらを掴んだ際に、引っ掻き傷ができて逮捕された」「3月27日には罰金を支払い、勾留所を出た」「ネットの記事は事実と異なるところがある」と語りました。

英翔も、現在は一人でYouTube活動を行っています。

奏太の年収は?

「かなたいむ。」の再生回数から、奏太の推定年収は約410万円。「キットチャンネル」時代の推定年収は、ふたりで約630万円。一人当たり約315万円です。

「キットチャンネル」の収入を英翔に管理され、お小遣い程度しかもらえていなかったという報道の真実はわかりません。適切にもらっていたと仮定しても、推定年収は増えています。

「かなたいむ。」がスタートしてから約半年、現在(2020年7月現在)の登録者数は約17万人です。

チャンネル名は、視聴者に募集して決まりました。奏太の優しく穏やかな雰囲気にピッタリですね。

奏太についてのまとめ

奏太は、身体は女性、心は男性として生まれ、女性から男性に戸籍を変更したことがわかりました。

元相方に暴行を受けるという悲しい出来事も乗り越えてきた奏太。人柄の良さからも、自然と応援したい気持ちになります。

始まったばかりの「かなたいむ。」が、これからどのような成長を遂げていくのか、楽しみですね。

「かなたいむ。」は、奏太さんが自ら行う編集が凝っているのも見どころなので、ぜひチェックしてみてください。