芸能人・有名人YouTuber

タガヤセキュウシュウ白石と野田の出身大学や経歴は?大臣いじりも気になる!

「BUZZ MAFF(ばずまふ)のタガヤセキュウシュウ白石くんと野田さんが気になる!」「大臣いじりも気になる!」など、BUZZ MAFF(ばずまふ)農林水産省の職員が発信するBUZZ MAFF(ばずまふ)について気になる方も多いですよね。

中でも、九州農政局の白石くんと野田さんが担当している「タガヤセキュウシュウ」は、国家公務員とは思えないほど振り切った動画が話題です。

「BUZZ MAFF(ばずまふ)」と言えば、「BUZZ MAFF(ばずまふ)」というYouTubeチャンネルで、選抜された農林水産省職員の14人が、その人ならではのスキルや個性を活かして、我が国の農林水産物の良さや農山漁村の魅力を発信する動画チャンネルです。

そこで、今回はその中でも「タガヤセキュウシュウ」の白石くんと野田さんについての噂を徹底的に調査してみました。

既に、BUZZ MAFF(ばずまふ)や、タガヤセキュウシュウのファンの方も、まさに、これからBUZZ MAFF(ばずまふ)や、タガヤセキュウシュウが気になっている方も是非チェックしてくださいね。

タガヤセキュウシュウ白石と野田の出身大学や経歴は?

BUZZ MAFF(ばずまふ)のタガヤセキュウシュウを担当しているのは、九州農政局の白石くんと野田さんです。
2020年4月より、野田さんは東京に異動になり、現在は白石くん一人で運営しています。

白石くんのプロフィール

本名:白石優生(しらいし ゆうせい)
生年月日:不明 2020年3月時点で22歳
出身地:鹿児島県
出身校:鹿児島県立加治木高等学校→鹿児島大学法文学部人文学科→2019年入省
所属:九州農政局熊本県拠点地方参事官室 事務官
Twitterアカウント:@Kj4hmy6EhD5VvIx @shiraishi1192 現在ツイートは非公開です。

大学2年生当時には、鹿児島大学をもっとおもしろくするメディアKADAIINFOで、取材を受けており「Twitter動画8000RT⁉︎フォロワー1700⁉︎鹿大の人気者に迫る」と言うインタビューも受けています。

その頃から、SNSでの情報発信能力は既に備わっていて、YouTuberとしての片鱗を見せています。

また、白石くんは当時から「鹿児島も好きだし、家族とか友達と居たいから鹿児島で職員になりたいです。」と語っており、地元で働く夢も語っていて有言実行なところもすごいですね。

九州農政局は、鹿児島ではなく熊本にありますが、鹿児島弁で話すことにも愛着を持って話しています。
農水大臣の会見に鹿児島弁でアテレコしている動画は、鹿児島弁が分からなくても面白いので、必見です。

▼鹿児島弁で大臣にアフレコしてみた。タガヤセキュウシュウ

野田くんのプロフィール

本名:野田広宣(のだ ひろのぶ)
生年月日:不明 2020年3月時点で26歳
出身地:福岡県
出身校:出身高校調査中→九州大学→九州大学大学院→2018年入省→九州農政局→農林水産省大臣官房国際部国際地域課
所属:農林水産省大臣官房国際部国際地域課

福岡市内の出身なら修猷館高校出身でしょうか。でも、野田さんは素朴な感じなので福岡県でも田舎の出身のような気がします。

野田さんは、イメージ通りの国家公務員で、動画の中でも噛んでいるところが面白いと評判です。

野田さんは、白石くんの1年先輩で年齢で言うと4つも年上です。でも、野田さんの方が後輩のように白石くんからイジられています。

白石くんのイジり方が絶妙で、野田さんの個性をいい感じに引き出してくれています。まさに、名コンビです。

一見すると、SNSのようなメディアには出たがらない印象の野田さんですが、過去のインタビューでは、「この企画は面白そうなので、やってみたいと思っていたけど、一人でやる勇気はなくて、そんな時に白石くんに声をかけてもらって・・・」と言うことを語っていました。

外見とはウラハラに情報発信への意欲はあったんですね。
とにかく、キャラが個性的で「逆上がりができないまま26歳になってしまった野田です。」と、オープニングの自己紹介がいつも秀逸です。

隣の白石くんも「マジか!」って顔をしていました。

農林水産省を就職先として選んだ理由について、過去の取材で以下のように語っています。

大学生のときに留学生との交流活動に参加していたのですが 海外から来ている留学生に日本の食べ物や食文化を喜んでもらえた経験から、日本の農産物、食の魅力を世界に発信する仕事がしたいと思い、農水省を目指しました。

引用:経済産業研究所(PDF)

野田さんは、2020年4月には、農林水産省大臣官房国際部国際地域課へ異動になり、元々の夢だった世界へ日本の農業について発信をしていくお仕事をしています。

野田さんは、タガヤセキュウシュウは、引退してしまいますが、また違った形で世界に情報発信をして欲しいですね。

農林水産省の大臣いじりも気になる!

BUZZ MAFF(ばずまふ)のメンバーは全部で14名いて、各地域で様々な発信をしています。

BUZZ MAFF(ばずまふ)のYouTubeの活動が始まったのは、農林水産省の大臣の発案で始まったSNS活用プロジェクトからでした。

とにかく、「この企画に上司がダメ出しをしない」と言うルールがあって、若手がのびのびとできる(悪く言えば、好き勝手できる)環境があるため、国家公務員とは思えない面白い動画も生まれています。

どんな職業に就いても、笑いのツボはそんなに変わらないんだなと感じたし、めっちゃ真面目なお堅い仕事をしている人こそ、ギャップが面白いので、めちゃくちゃ笑える動画になります。

NHKのお笑い番組「サラリーマンNEO」を初めてみた時くらい、腹筋崩壊するくらい笑えました。

▼【悲報!?】大臣に呼び出されたアフレコ男

アフレコ男の松岡慧(まつおかけい)さんも、タガヤセキュウシュウの白石くんと野田くんに負けず劣らず、面白いキャラです。

しかも、イケメン!

国家公務員にして、イケメンで、笑いのセンスも抜群でもう言うことないでしょってくらい最強です。

こんな若者たちが担ってくれていると思えば、日本の未来も明るいですね。