芸能人・有名人YouTuber

山本太郎の元妻割鞘朱璃の現在は?離婚の原因や芹菜々子との関係も調査!

「山本太郎の元妻・割鞘朱璃の現在は?」「山本太郎と割鞘朱璃の離婚の原因は?」など、山本太郎と、元妻・割鞘朱璃について気になる人も多いですよね。

山本太郎と言えば、「れいわ新選組 公式チャンネル」というYouTubeチャンネルで、れいわ新選組の代表として、自分たちの考え方を配信している元タレントで政治家です。

そこで、山本太郎についての噂を徹底的に調査してみました。

既に、山本太郎のファンの方も、まさにこれから、山本太郎が気になっている方も是非チェックしてくださいね。

山本太郎の元妻・割鞘朱璃の離婚の理由は?

山本太郎の元妻に関して調べたら「割鞘朱璃」って出てきて、これは日本人の名前、それとも韓国人?中国人?と、見慣れない苗字だったので、分かりませんでした。
調べてみたところ、割鞘 朱璃(わりさや じゅり)と読み、日本の苗字だと分かりました。

見慣れない漢字があると、すぐに中国や韓国と思ってしまうのは、思考の癖なのでしょう。気を悪くしてしまった方には、お詫び申し上げます。

「割鞘(わりさや)」と言う苗字は、刀の生産地に由来する苗字で、刀の鞘を作る際の工程から苗字ができたと考えられています。きっと御先祖さまは、刀職人でいらっしゃったのでしょう。

苗字の分布としては、広島県福山市に特に多いので、元々はこの地域に住む方が名乗っていたと思われます。その後、移動や転勤などで、全国に広まり、兵庫県、三重県、東京都にも少数ですが、いらっしゃいます。

話を戻しますと、山本太郎の元妻・割鞘朱璃は、プロサーファーとして有名でした。
山本太郎と結婚した当時は、まだ19歳で、18歳も年の離れた年の差婚と話題になりました。
山本太郎、37歳。元妻・割鞘朱璃は、19歳でした。

電撃結婚と思われた結婚でしたが、すぐに結婚生活は破綻を迎えます。
たった92日間でした。

これには、山本太郎側にも原因はあると思いますが、割鞘朱璃の育った家庭環境にも原因があると考えられます。

内容があまりにもショッキングなので、割愛しますが、実の両親は3歳の頃に離婚。割鞘朱璃は、実母と暮らすことになります。
その後、実母は再婚し、義父ができます。

この義父との関係が超最悪なのでした。
「虐待」と言って良いレベルの「しつけ」を受けており、精神的にも割鞘朱璃をコントロールしようとしていました。

そんな状況だったからこそ、結婚に幸せを求めたと言うか、現実から逃げたかったのかもしれません。
しかし、19歳で結婚しているので、両家の両親が口を挟んできたり、間に入ったりし、週刊誌ネタになる報道もされて、結局、山本太郎と割鞘朱璃の当事者よりも外野が騒いだために拗れてしまった、と言うのが本当のところでしょう。

割鞘朱璃は、離婚後、プロサーファーではなくなり、水商売で働いていると言う噂でした。

▼初々しい割鞘朱璃

山本太郎の元妻・割鞘朱璃の現在や芹菜々子との関係は?

割鞘朱璃は、現在AV女優に転身したと言う噂がありました。
確かに顔が一緒ですね。
名前は、「芹菜々子(せり ななこ)」です。

つまり、割鞘朱璃=芹菜々子は、同一人物と言うことです。
まだ、27歳ですし、プロサーファーだったので、水着にも抵抗なく、脱ぐことへの抵抗も低かったのでしょうか。

個人的には、プロサーファーだったので、サーフィンに関わる何かで成功しておいて欲しかったです。
AV女優としてのウリは、「山本太郎の元妻」くらいしかないので、残念ですね。

山本太郎の元妻・割鞘朱璃のまとめ

山本太郎とは、19歳で結婚し、わずか3ケ月で離婚をしています。
離婚の原因は、当事者同士というよりも親同士の確執だったと思われます。

特に、割鞘朱璃の育った家庭環境は複雑で、義父からの束縛が精神的にも及んでおり、結婚によって割鞘朱璃をコントロールできなくなった事から、エスカレートして行ったのではないかと思われます。

割鞘朱璃は、現在でも実家には頼っていないとも思われ、AV女優として頑張っています。
興味のある方は、Amazonなどで写真集が販売されているので、一読してみるのはいかがでしょうか。